感謝と最後のお願い

選挙戦最終日になりました。多くの方々に支えられてここまで来ました。残された最後の時間で出来るだけ多くの方々に声が届くように、全力で戦いますので皆様ご支援よろしくお願い致します。 

最終日の個人演説会は次の2箇所です。

【午後6時 中之郷会議所】
弁士
小寺ひろお衆議院議員
堀江和博町議会議員
後藤勇樹町議会議員
杉浦和人町議会議長

【午後7時 上三十坪会議所】
弁士
谷成隆町議会議員
寺沢隆彦氏

県政NOW (関西広域連合議会その2・琵琶湖水系視察)琵琶湖・淀川水系治水の重要性!

 昨年、関西広域連合議会で「災害対応の強化」について何点か質問した中で「琵琶湖・淀川流域」の治水について問いかけました。平成29年の台風21号に伴う豪雨では、県南部の大戸川流域を含む天ヶ瀬ダム流域での降雨量が多く、下流の京都府、大阪府を浸水被害から守るため、同ダムで洪水調整が実施されました。これを受けて、瀬田川洗堰を完全に閉め切る全閉操作が行われた結果、琵琶湖の水位が上昇し、湖周辺で多数の洪水被害が出ました。本体工事が凍結されている大戸川ダム(大津市)は、下流府県の治水のみならず、琵琶湖側の洪水防止にも貢献します。琵琶湖・淀川流域の治水対策として有益なものであり、流域の降水量が同じくらいであっても、実際の瀬田川洗堰の操作が異なった今回の大雨の事例は、関西最大の流域である、琵琶湖・淀川水系における大戸川ダムの役割を理解して頂きました。そしていかに洗堰の全閉操作が琵琶湖周辺に危険な影響を及ぼすのかを説明しました。
 この質問が功を奏し、井戸連合長(兵庫県知事)にもご理解頂き、昨年12月25日の寒い中、連合議員の視察を実施して頂きました。大津駅集合、貸し切りバスにて一路、瀬田川洗堰へ、施設見学そして施設の歴史、役割等の説明を受けた後、天ヶ瀬ダムにて下流域への効果、改修工事の現状を説明して頂きました。連合議員の中には遠くは鳥取、徳島、和歌山から来県頂き、しかも琵琶湖・淀川水系とは無関係でありながらも熱心に聞き入って頂き、この水系の持っている重要な防災能力とより強化の必要性も理解し「応援していく」と温かいご支援をいただきました。
 日野川の上流に住んでいる議員でも熱意を持って接すれば同じ議員同士、通ずる手応えを感じました。
 今年度最後の3月連合議会において、もう1回質問のチャンスを頂きました。北陸新幹線に伴う湖西線の平行在来線問題を取り上げ、湖西線存続のために頑張る所存であります。
 湖西線とはほど遠い所に住まいして居りますが、滋賀県議会代表として関西広域連合に滋賀県としての思いを主張してまいります。

豚コレラ懸念

朝から河川改修の要望に、堀江議員と、東近江土木事務所に!マナーモードの携帯に、何度も鳴るのでいやな予感!
的中!
豚コレラ発生!
大変なことに!
しかも、殺処分後、日野にある畜産技術振興センターに埋設の話が飛び込んで来ました! 日野には有名な「くらおポーク」も多数飼育されてます!、被害拡大、また、風評被害が拡散しないように動いてます。

仕事始め

朝から地元、馬見岡綿向神社、ライオンズ祈祷例会、日野町挨拶会、議員OBとの親睦会と今年度も、始動しました!

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

    新日野新聞新年挨拶(2018)
新年あけましておめでとうございます。
皆様方には、素敵な新春を迎えられましたことと謹んでお慶び申し上げます。日頃は県議会活動に対しましてひとかたならぬご支援を賜り、心より御礼申し上げます。
 早いもので、皆様からの暖かいご支援を頂きまして早4年目の新年を迎えさせて頂きました。一年目は道路等、町議時代、幹線道路の委員長として成し得なかったインフラ整備に駆け回り、2年目は、日野駅や日野菜工場用地の地方創生交付金の獲得に奔走しました。その成果がやっと3年目に芽を出し始め、また滋賀県畜産技術振興センターにおいて「キャトルステーション」(子牛を哺育育成する生産拠点施設)の施設建設。それに伴う交通量の増加を懸念して、農道の早期着手にも努力させて頂きました。今期最後の4年目には、関西広域連合に参加、また発足当初から参加していた「地方創生・しがブランド推進対策特別委員会」の委員長も預かりました。この委員会では日野の特産品、日野菜の発信は元より、お茶、地ビール創作など、知事、副知事、県議会議長にも視察して頂きました。そして今年は地場産業発信創生企画として、日野町議会有志の方々、また商工会をはじめとする各諸団体等も交え「氏郷公継承推進議員連盟」を立ち上げて頂きました。先ずは松阪、会津若松、そして昨年末訪問しました日野商人成功の地、埼玉県秩父市などの親交を深めて行きます。そして現行の地場産品、産業、工業の発信を、天秤棒を担ぎ遠く未知の地へ出向いた「日野商人」の志で今一度開拓していく時だと思っております。日野にも繊維業が盛んだった頃の技術を駆使して「HINO DENIM PROJECT」を起こせないかと昨年末、広島県尾道市へ出向き、デニム製品の開発、製造販売方法も視察して、模索しております。すでに「HINO BREWING PROJECT」も動き出しております。今年は亥年、昨年セールスしました、綿向神社も猪が神の使いとされており厄年の方を始め沢山の参拝客が来そうです。このイノシシと若松からシンボルマークを作り「HINO CREATION PROJECT」を発信、創造して行く所存です。私も議員と同時に(あきんど)の一人。いっそう皆様のご期待に添えるよう精進して、出来ることからコツコツと取り組んでいくことこそが、今の私に与えられた使命だと思っています。
 未熟ではございますが、皆様にご指導を賜りながら今年も邁進していく事をお誓いすると共に、皆様のご健勝とご多幸を心からご祈念申し上げ新年のご挨拶とさせていただきます。

                  
 滋賀県議会議員 村島 茂男

関西広域連合議会創設8周年記念

関西広域連合議会、創設8周年記念パーティーに、研修視察後に参加!
今日の報告と今後の対応要望を、井戸連合長に!
平井鳥取県知事には、鳥取地震に鳥取県日野町へ、救済支援に地元日野町から建築組合がいきました!、これをご縁にもう一度親交再開をお願いしました!
どちらも、しっかりと応援していきます!と、力強いお言葉と今後の親睦約束を交わしてきました!

今年最後の、寄稿

去る11月23日から25日までの3日間、パラオ共和国において、計8箇所の戦跡地を訪れ、慰霊巡拝をさせて頂きました。川島県議会議長をはじめ、西嶋副知事も同行して頂き、私も県議会そして日野町遺族会成年部長として遺族会の皆様と慰霊巡拝させて頂きました。私は初日、海軍墓地にて追悼の言葉を述べさせていただきました。丁度お墓から彼方に今まで見た事の無いような美しく輝くエメラルドグリーンの海が広がっておりました。特に「ペリリュー島」はそれに反比例するかのような過酷な戦場です。激戦のさなか故郷を、家族を思い、この美しい海をどのように見ておられたかと思うと胸を苦しく締め付けられました。この地で亡くなられた先人に思いを馳せ二度と戦争を繰り返してはならないとの思いを改めてこころに刻む瞬間でした。それぞれの慰霊祭でご遺族の方が順番に「呼びかけ」と言われる亡き家族に対する語りかけがあるのですが、生後間もなく父が出征された方、あるいは戦死の知らせのあとに産まれた方など父の記憶がないご遺族がほとんどです。「お父さ~ん!会いに来たよ!」万感の思いで呼びかけられる姿に我々も感極まるのは言うまでもありません。この年になり、こんなに何度も涙し、献歌を歌っては涙したのはもちろん初めてです。「ふるさと」や「里の秋」何気なくこどもの頃に歌っていた唱歌がこんなに意味深かったのか!と感慨深く、今もこの文章を書きながらも皆様のお顔を思い出し熱く胸を締め付けられ、目頭に熱いものが湧き出ております。平和は多くの皆様の犠牲の上に成り立っています。当たり前ではないことが当たり前に享受できていることに感謝し「今!」を生かして頂いている有難さを今一度感謝し、良い経験を授かり帰国しました。今年も残すところわずかになりました。来年に向けましてこの経験を生かし、皆様の安心、安全と平和、そしてより一層の県政発展のために尽くすことをお誓いしまして本年のご挨拶とします。